※看護師の転職支援サイト


無料で就職・転職を専門コンサルタントがフルサポート


当サイトでは、利用者や経験者に支持される人気の看護師求人サイトをランキング形式でご紹介しております。
どこの求人サイトを利用すべきかお悩みの方も是非一度ご覧ください。

メディカルワン - medicalone.jp お勧め度 対象エリア 詳細

看護師の求人・転職を支援する情報サイト「メディカルワン」
★★★★★ 全国全国

ナースではたらこ - iryo-de-hatarako.net お勧め度 対象エリア 詳細

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]
★★★★☆ 全国

リクルートナースバンク - recruit-nb.jp お勧め度 対象エリア 詳細

高給与、好条件の看護師求人ならリクルートナースバンク
★★★★☆ 全国

4位メディカル・プラネット - medicalplanet.co.jp お勧め度 対象エリア 詳細

看護師の転職・求人ならメディカル・プラネット
★★★☆☆ 全国

5位MC─ナースネット - mc-nurse.net お勧め度 対象エリア 詳細

看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット
★★★☆☆ 全国

安心してご利用頂ける求人サイトのみ、ランキングへ反映するようにいたしました。
PICKUP NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県医師会・鈴木邦彦理事「地方の現場の声を診療報酬改定に」

1月4日10時54分配信 医療介護CBニュース

2009年10月、中央社会保険医療協議会(中医協)は任期切れ委員の人事に伴い、診療報酬改定に向けた議論を1か月ストップした。
再開したのは10月30日。この日、診療側委員として中医協に初めて参加した一人、鈴木邦彦さんは、週2日、1回4時間のペースで続けられる中医協の議論の場で、茨城県医師会理事の立場から地域の開業医などの意見を反映させる一方、志村大宮病院院長の立場で民間中小病院の窮状も訴えている。崩壊が叫ばれる地域医療の再建に向け、4月に迫る診療報酬改定にどう臨むのか-。

-入院料をめぐる中医協の議論の中で、鈴木さんは「加算では手当てできない」と指摘し、入院基本料の一律引き上げの必要性を強調されました。今後の点数配分の議論にはどういうお考えで臨まれますか。

 「加算」は高機能の病院が取りやすく、われわれ地方の中小病院には取りにくい要件になっています。ですから、急性期医療を頑張ってやろうとしても、地域の実情で加算が取れるレベルになかなか達することができず、病院の持ち出しになって収支が悪いというところがほとんどではないかと思います。それが最低プラスになるくらいは、入院基本料の底上げを行ってほしいですね。
 本当に経営は厳しく、私の病院も民間企業並みのコスト削減をしながらやっています。しかし、医療の場合、他の産業と違って人件費を削減して合理化を進めることはなかなかできず、むしろ質を向上させるためには人を増やさなくてはいけません。そこはご理解いただきたいと思います。
 繰り返しになりますが、まずはベースを上げてもらい、この危機的状況への応急措置をしていただいて、それから加算である程度メリハリを付けていただく。それが同時に行われてもいいと思います。そういう形に向かうよう進めていきたいと考えています。

-中医協の議論では、診療報酬の一部を医師に直接支払う仕組みについても意見が出されていましたが、次期改定以降も見据えた先生の見解を聞かせてください。

 経営者としては「これは医師に直接渡すお金」と決められると、なかなか難しい面があると思います。医師への給料は診療報酬全体の中での配分ですから。もちろんわれわれ民間病院では医師の確保は非常に困難なことですから、医師の待遇に病院は一番配慮しています。例えば時間外とか当直とか、大変な勤務に従事する医師には手厚くなるよう考えています。
 わたしは、医師の立ち去りは仕事に見合った収入が得られていないという不満が原因ではないかと思います。でも日本では、腕のいい医師などに対し、米国のように高い手術料を出すことができません。ですから、現在の診療報酬体系を維持しながら、そういう人が病院にとどまり、勤務をしてもらえるような診療報酬上の改善や、収入を増やすことができる何らかの仕組みも必要ではないかなと思います。

-来年度の診療報酬改定後、12年度の同時改定に向け、中医協委員として、医療と介護の連携など、日本の医療が抱える課題にどう取り組んでいきたいですか。

 医療と介護、国民に途切れのないサービスを提供するには、最終的には在宅での看取りまで見据えた医療を考える必要があります。
 日本では医療機関などに入院して治療を受ける方が、在宅よりも金銭的にも家族の労力にも負担が少ないのが現状です。こうした中で在宅医療の普及を促すには、わたしどもの病院のように、在宅を含めた医療・介護の両方を提供する医療機関がもっと増えるべきだと思います。これは在宅療養支援診療所と対立するものではなく、在宅療養支援診療所の一人で24時間頑張っている先生方を応援するという考え方です。地域で民間中小病院の医師と開業医が連携し、そこに介護系や福祉系の事業者の方にも入ってもらい、サービスを提供する。各地域でそういう仕組みができればいいと思います。
 このときのキーパーソンは、豊富な臨床経験を持ち、ケアマネの資格も持った看護師などが非常に適しているとわたしは思います。
 また、すべて最期まで在宅ということではなく、重度の方は施設や病院で、中度・軽度の方はできるだけ在宅で診るというのが現実的だと思います。
 高齢化が進み、今後患者数は増加して、在宅医療の必要度も高まってきます。ですから役割分担することで、効率的かつ安心な医療・介護サービスの提供を行うべきです。来年度の診療報酬の議論が終わったら、こうした長期的な目線での医療の在り方についてじっくりと中医協で話し合っていきたいと考えています。

>>記事全文を読む

コメント

非公開コメント

[看護師] 転職HP
オススメリンク
看護師の求人
パートから正社員介護や看護のお仕事特養やデイ、病院から在宅まで多数有
medicalone.jp

医療WORKER
看護師のお仕事なら医療WORKERにおまかせ
iryou-worker.com

ナーススタイルTV
看護師の求人・転職・募集ならナーススタイルTVにお任せ!
nursestyle.tv

メディカル・ラポール
全国各地の看護師求人募集をはじめ『都市圏・離島沖縄』への短期応援『派遣看護師』などいろいろな働き方をご提案いたします。
m-rapport.co.jp

FAナース
転職を思い立ったら、まずはお気軽に会員登録してください。あなたのキャリアや希望をエージェントがお伺いし、それらを満たす新たな環境をご紹介いたします。
medijob.jp
広告掲載希望

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
RSSリンクの表示
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
検索フォーム
オススメ情報
NEWS
看護師さんのブログ
病院リンク
リンク
フリーエリア

  • seo
フィードメーター - [大阪]看護師の転職ブログ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
by
 sougolink.com
ツェルマット通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。